無料相談実施中!☎︎ 092-401-9991 受付時間 平日9時〜21時・休日10〜17時LINEで24時間 問い合わせ

飲食、宿泊業で外国人を雇う方法 (在留資格)

人手不足で困っている業界と言えば飲食、宿泊業ではないでしょうか。この業界が外国人を雇う方法について簡単にお話しします。

現状

  • 外国人留学生が多数働く

  • 飲食 、ホール、厨房
  • 宿泊、清掃、駐車場管理

課題 ・新成人人口の減少

  • 1994年207万  2020年118万  今後100万を下回る可能性大。
    25年前のほぼ半分
  • 若者のアルバイトに対する意識の変化

外国人留学生のアルバイト

メリット

  • 飲食店のホール、ホテルの清掃など、専門性を要しない業務に従事させることが可能

デメリット・注意点

  • 1週間28時間の制限
  • 留学の在留審査が厳格化して採用難の可能性

技術・人文知識・国際業務ビザ

メリット

  • 留学生のような就労時間の制限なし
  • 外国語を用いたフロント業務、外国人観光客担当としてのホテル内の施設案内業務もOK

デメリット・注意点

  • 大学等の卒業者を想定
  • 専門性を必要としない業務、例えば、駐車誘導、ホテルの清掃、飲食店のホールなどは不可

技能ビザ

メリット

  • 留学生のような就労時間の制限なし

デメリット・注意点

  • 料理人のような技能を前提とした在留資格であるため、ホテルの清掃、飲食店のホールなどは不可
松坂 典洋 
弁護士・社会労務士
外国人労務問題に特化する福岡の弁護士・社会保険労務士です。外国人採用戦略構築、採用手続支援、ビザ申請、採用後の労務管理までトータルにサポートしています。

お問い合わせ

当日か翌営業日にご返答致します。お気軽にどうぞ!
※メールが届かない場合の連絡先として伺っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次